買取実績-紫砂壷 荊渓南孟臣製 紫砂壷買取します

キタロウ商店が買い取らせていただいた、さまざまなモノをご紹介します

買い取り品目一覧

茶道具/煎茶道具/香道具

紫砂壷 荊渓南孟臣製 紫砂壷買取します

埼玉県さいたま市のお客様のご依頼を受けて出張買取いたしました。

紫砂壷 荊渓南孟臣製

紫砂壷(茶壷)は現在の中国の江蘇省宜興で作られたものが有名です。
この宜興という土地は古くは春秋戦国時代は荊渓 秦代漢代頃には陽羨と呼ばれておりましたがその後宋時代に宜興という名になったようです。
紫砂壷(茶壷)としては明時代になり現在のような形となったというのが現在の発掘調査によってわかってきております。
しかしまだまだ広大な土地故これからの調査により時代が変わってくることもございますが。
明時代初期には底に銘は入っていないものがございます、その後に銘が入るようになるようです。
オーダーをした文人が何かしらの名款を陶工がなぞり彫り込んだものもございます。またこの頃の名工には時大彬、恵孟臣という名が有名でございます。

今回のご売却依頼品につきましては 清朝~民国期頃のものと思われます。
理由としてはご依頼品は水平壷(小さい茶壷、ミニサイズ)であることからこの時代ではないかと思います。
また画像にございますように一見汚れともみえる箇所がございますが これは何百何千回と茶を入れて初めてできるものでございますので
きれいにしようと擦り取ることはその価値を落としてしまうこととなりますのでお止めください。
他のご注意願いたいことに 日本で作られた物がございまして明治期初期に金子恒という陶工が常滑に清朝より招聘されその技術が伝わり生産されてまいります。それが伝播し佐渡や備前でも作られるようになりその頃のものが宜興のものとして流通しておるものもございます。
現在でも似たような銘が入った中国や台湾から複製品が数多く市場に流通しております。
なにかと難しい紫砂壷ではございますがご売却をお考えの折はぜひキタロウ商店までご用命くださいませ。

[893]http://www.kitarou-shouten.com/wp/wp-content/uploads/2019/08/868b4f635ace4c6bd91160ac03fbc94e-150x150.jpg
 

このページの先頭へ