買取実績-舟越保武 「ローラ」 東京都日野市にて買取

キタロウ商店が買い取らせていただいた、さまざまなモノをご紹介します

買い取り品目一覧

絵画/リトグラフ

舟越保武 「ローラ」 東京都日野市にて買取

舟越保武 「ローラ」 ブロンズ像 東京都日野市のお客様よりご売却いただきました。

舟越保武
「ローラ」
ブロンズ像


舟越保武 (ふなこし やすたけ)
[1912-2002]


大正元年(1912) 現在の岩手県二戸郡一戸町に生まれる。
県立盛岡中学校(現岩手県立盛岡第一高等学校)在学中
高村光太郎訳の「ロダンの言葉」に感銘を受け彫刻家を志す。
大正14年(1925)新制作派協会彫刻部創立に参加。
昭和9年(1934) 東京美術学校彫刻科塑造部(後の東京藝術大学)に入学。
昭和14年(1939) 同校を卒業。
昭和25年(1950)長男が生まれて間もなく急死したのを機に洗礼を受けて
カトリック に帰依
この頃よりキリスト教信仰やキリシタンの受難を題材とした制作が増える。
昭和37年(1962) 「長崎26殉教者記念像」にて第5回高村光太郎賞を受賞。
昭和42年(1967) 東京芸術大学教授となる。
昭和43年(1968) 田沢湖に「たつこ像」制作。
昭和44年(1969) 「ダミアン神父(病醜のダミアン)」を制作。
昭和47年(1972) 「原の城」にて中原悌二郎賞を受賞。
昭和48年(1973) 「原の城」にてパウロ6世 (ローマ教皇)より
「大聖グレゴリオ騎士団長」の勲章が授与される。
昭和52年(1977) 「道東の四季ー春ー」にて長谷川仁記念賞を受賞。
昭和53年(1978) 芸術選奨文部大臣賞を受賞。
昭和55年(1980) 東京芸術大学を定年退官。
昭和56年(1981) 多摩美術大学教授となる。
昭和58年(1983) 同大退官。
同年エッセイ『巨岩と花びら』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。
昭和59年(1984) 勲四等旭日小綬章を受章。
昭和61年(1986) 東京芸術大学名誉教授となる。
昭和62年(1987) 脳梗塞に倒れるが退院後、すぐにリハビリし左手でデッサンと彫刻を始める。
平成11年、 文化功労者に選ばれる。
平成14年(2002) 2月5日、多臓器不全のため逝去。89歳。

[435]http://www.kitarou-shouten.com/wp/wp-content/uploads/2015/10/24484366b8221237901fc68b48cd8c1c1-150x150.jpg
 

このページの先頭へ