買取実績-佐々木金一郎 こけし (眠りこけし)

キタロウ商店が買い取らせていただいた、さまざまなモノをご紹介します

買い取り品目一覧

伝統こけし/日本人形

佐々木金一郎 こけし (眠りこけし)

佐々木金一郎 こけし 岐阜県のお客様より宅配買取にて70本ほどのこけしをご売却いただきました。

佐々木金一郎


津軽系(大鰐)


師匠:佐々木金次郎(父)

大正7年生まれ
昭和50年逝去



津軽のこけしと言えば
黒石の温湯 と
佐々木金一郎の居た大鰐が二大中心地となる。
大鰐は津軽塗 能代塗の下木地産業でも古い歴史がある。

金一郎は最初 父金次郎もそうだったように(金次郎の描彩は長谷川辰雄)
他の大鰐の工人と同じく
自身で描彩はせず家族が書いていた
その後
昭和38~39年頃より自身でも描彩を書くようになったようである。

そのことについて 大正の中期頃までは
真相はわかりませんが
大鰐の工人はこけしには描彩無いものと信じており
その後、大正時代末期頃
あの長谷川辰雄によって多彩な描彩がはじまり
木地工人は辰雄に描彩の依頼をし
昭和初期頃までは大鰐の描彩の九割は辰雄の手によるものとの
逸話もあります。

[368]http://www.kitarou-shouten.com/wp/wp-content/uploads/2015/03/IMG_3298-150x150.jpg
[369]http://www.kitarou-shouten.com/wp/wp-content/uploads/2015/03/IMG_3299-150x150.jpg
 

このページの先頭へ