買取実績-浜田庄司(濱田) 掛分茶碗

キタロウ商店が買い取らせていただいた、さまざまなモノをご紹介します

買い取り品目一覧

茶道具/煎茶道具/香道具

浜田庄司(濱田) 掛分茶碗

浜田庄司(濱田 庄司) 掛分茶碗   東京都杉並区にて茶道具の出張買取致しました。

浜田庄司(濱田 庄司) 掛分茶碗

1894年(明治27年)12月9日 - 1978年(昭和53年)

年譜
1894年(明治27年)12月9日神奈川県橘樹郡高津村(現在の川崎市)溝ノ口
で生まれる。
1913年(大正2年)東京高等工業学校(現東京工業大学)窯業科に入学、
板谷波山に師事し窯業の基礎科学面を学ぶ。
1916年(大正5年)同学校を卒業後2年先輩の河井寛次郎と共に
京都市立陶芸試験場にて主に釉薬の研究を行う。
またこの頃柳宗悦、富本憲吉やバーナード・リーチの知遇を得る。
1920年(大正9年)、イギリスに帰国するリーチに同行、
共同してコーンウォール州セント・アイヴスに築窯する。
1923年(大正12年)ロンドンで個展を開催
1924年(大正13年)英国より帰国。この後沖縄・壺屋窯などで学ぶ。
1930年(昭和5年)栃木県益子町で作陶を開始する。
1955年(昭和30年)第1回重要無形文化財「民芸陶器」保持者(人間国宝)に認定。
1964年(昭和39年)紫綬褒章を受章する。
1968年(昭和43年)文化勲章を受章する。
1961年(昭和36年)柳宗悦没後の日本民藝館の第二代館長に就任する。1977年(昭和52年)蒐集した日本国内外の民芸品を展示する益子参考館を開館。
1978年(昭和53年)益子にて没。享年83。

[257]http://www.kitarou-shouten.com/wp/wp-content/uploads/2014/11/d06b4163792a55dbe29a9dfea7a639e8-150x150.jpg
 

このページの先頭へ