買取実績-刑部人 油彩

キタロウ商店が買い取らせていただいた、さまざまなモノをご紹介します

買い取り品目一覧

絵画/リトグラフ

刑部人 油彩

刑部人 油彩  東京都三鷹市にて出張買取いたしました。

刑部 人 明治39年(1906年)~昭和53年(1978年)




1906年 5月5日、栃木県下都賀郡家中村大字家中に生まれる
1915年 9歳頃から、川端龍子、鶴田吾郎の主幹するスケッチクラブの通信講座を受ける
1918年 父の東京転任にともない12歳で上京。この頃から、大森・新井宿に川端龍子を訪ねるようになる
1922年 16歳頃から、日本画家の川端玉章が設立し、藤島武二などが主任を務めた本郷の川端画学校に通う
1924年 東京美術学校西洋画科(現在の東京藝術大学美術学部油絵科)に入学
1928年 第9回帝展に「友人の肖像」が初入選
1931年 美校の1年後輩だった島津一郎の妹、鈴子と結婚

東京都豊多摩郡落合町大字下落合(現在の新宿区中井)にアトリエを構える
(国会議事堂などを手掛けた建築家 吉武東里設計)

1940年 芝浦の東京高等工芸学校(現在の千葉大学工学部)助教授となる
1943年 新文展無鑑査となる
1946年 第1回日展(日本美術展覧会)に「冬の軽井沢」を出品し、特選。
金山平三と山形県大石田への写生旅行に同行
1948年 第4回日展に「渓流」を出品し、特選
1951年 日本橋三越にて第1回個展を開催。以後、計27回開催
1958年 新世紀美術協会に参加、第3回新世紀美術展に「渓流(奥入瀬)」を出品
1967年 日展審査員に
1976年 70歳を記念し、日動画廊で「刑部人記念展」(銀座・名古屋)を開催、『刑部人画集』(日動出版部)を刊行
1978年 腎不全のため死去。享年71。勲4等瑞宝章を受ける

[242]http://www.kitarou-shouten.com/wp/wp-content/uploads/2014/11/042-150x150.jpg
 

このページの先頭へ